化粧品豆知識【ベビーパウダーをメイク仕上げに使うな】

化学・医学から見る美肌の秘訣

こんにちは2児のママで柔道整復師あかねです。
今回はベビーパウダーについてまとめます!
うちにも赤ちゃんがいたので結構使っていました👶
ベビー用品ですが大人女子が使うのは向いていない😭
その理由をお話します!

ベビーパウダーは赤ちゃん用商品だから肌に優しそうだし、リーズナブル!

なのに肌に塗ると「テカリを防げる❤️」「毛穴レスの美肌に見える✨」と言う理由で注目され、仕上げのお粉として使う女子が増えています。

赤ちゃんのいるママなら、ママも子供も使えて一石二鳥!と思って使用している方もいるかもしれません😮

ベビーパウダーは汗疹(あせも)を防ぐ商品

赤ちゃん用品なら大人も安心して使えると思われがちですがベビーパウダーは本来あせもを防ぐ商品です。

毛穴を閉じて汗や皮脂を防ぐ「酸化亜鉛」を配合しています!
酸化亜鉛は化粧品にも使われますが、ベビーパウダーの酸化亜鉛はそれとは少し違います😮

ベビーパウダーの酸化亜鉛は毛穴が詰まりやすい

【ベビーパウダーに配合されている酸化亜鉛】
コーティングされておらず肌と反応して
微弱な炎症を起こして毛穴を引き締める作用がある

そのため一時的に毛穴が引き締まる

【皮脂が多い大人の場合】
毛穴が詰まってニキビの原因となる😭

あ!すみません。
ついつい本音が溢れ出てきちゃって

ベビー用品は万能ではない!

「赤ちゃんが使える」というところから、大人が使っても「肌に優しい」なんてイメージはしちゃいますが大人と子供、肌の構造は全く違います😉

大人女子はベビーパウダーよりもキチンとしたルースパウダー・フェイスパウダーを使って綺麗になりましょう✨

タイトルとURLをコピーしました