ファンデーションはやっぱり肌に悪いのか?

化学・医学から見る美肌の秘訣

こんにちは!治療家のあかねです🎈
今日はメイクの基本「ファンデーション」について。
うちの4歳と2歳の娘たちも一丁前にパフをポンポンしております!
メイクといったらファンデはデフォルト!

娘たちは好き勝手私の化粧品を使っております🙄

ファンデに留まらずやらかしまくる次女( ゚д゚)

ファンデ選びで悩んでいる女の子やママも多数

・パウダー、リキッド、クリーム、一体どれがいいの?

・夕方になってくると化粧崩れしてくる

・化粧ノリが悪いといつの間にか厚塗り

それぞれ色んな悩みがあるよね🙄

脱ファンデにこだわる必要なし!

👉ファンデーションはそんなに肌に悪くない

ファンデーションに入っている化学物質を心配して“脱ファンデ”をしたり、“ミネラルファンデ”に変えてみたりする人がいます。

だけどファンデーションは肌にのせるモノなので
刺激になる成分は原則的に使われません。

合成界面活性剤も、静電気(=刺激)を帯びない「非イオン系」のものが中心

だからご安心を!

👉特にパウダータイプは肌の表面にのせるだけ
角質層にすら浸透しない

肌への負担は少なめ◎

ミネラルファンデーションっていいの?

👉ミネラルや自然の成分がすごいわけではない

ナチュラルな印象で人気の「ミネラルファンデーション」

ここで言うミネラルとは、酸化チタン、酸化亜鉛、酸化鉄、マイカなどの「鉱物」

“ミネラル”と“鉱物”
どっちも一緒だけどイメージは全然違うよね!
「鉱物ファンデ」だったら体に悪そうで買いたくないもん🙄

これらは普通のファンデーションにもよく使われます。

あと有名ブランドのリキッドファンデーションには、植物系の油脂が入ってることがあります。

クレンジングの際はオススメの油脂。
だけど油脂は陽に当たると酸化して肌刺激に⚡️


外に出かける際のファンデとしては不向き
ブランドイメージにとらわれず、全体的な成分を見ることが肝心👍

今日のポイント

・ファンデはそんなに肌に悪くない
・肌にのせるモノだから浸透したりもしない
・化粧品の世界ではミネラル=鉱物
・「ミネラル」という字面だけで良さそう❤️と思い込まない
・油脂は酸化しやすい
・ファンデに油脂が入ってるモノは避ける

タイトルとURLをコピーしました