皮膚科でもらう保湿剤をコスメとして使わない!

化学・医学から見る美肌の秘訣

こんにちは2児のママで柔道整復師あかねです!
今回は子育てママがやりがちなアレについてまとめていきます。

高級化粧品より効果がある?皮膚科でもらうヒルドイド

SNSや美容雑誌で「高級化粧品より効果がある!」と騒ぎ立てられInstagramには#ヒルドイド最強説なんてハッシュタグもあるヒルドイド。

子育て中にも子供の乳児湿疹などで何度もお世話になりました!
しかし一時期これを美容目的で使用する人が急増

沢山のヒルドイドを保険診療で購入する人が増えた影響で医療費およそ10億円を圧迫しました!

確かに!子供の湿疹等で病院に行くと、子供だから塗れるものも限られててこれを2〜3本ポンと先生が処方してくれる事ありますよね!

そして余ったものをスキンケアに使っちゃうことありませんか?
医薬品だし、赤ちゃんが塗っても良いんだから・・・って思っちゃいますよね( ˘ω˘ )
しかしそれは別のトラブルが起きる危険性も⚠️

「医薬品」である事を忘れてはいけない!

医薬品には副作用がつきもの

皮膚科で処方されるこうした塗り薬は「医薬品」ですから、化粧品や医薬部外品よりも圧倒的に効果があります🙄
そのため普段のスキンケアに使いたがる人が出てくるのです🧖‍♀️

医薬品は長期使用を考えて作られていない

あくまでも薬として短期的に使用した際の副作用データしかとっていません。
美容目的で長期使用した場合どんな副作用が起こるかは誰にも分からないのです(´°̥̥̥̥̥̥̥̥ω°̥̥̥̥̥̥̥̥`)

副作用の少ない医薬品でもコスメ感覚で毎日使えば思わぬ副作用に見舞われる可能性があるんです🚨

医薬品特有のデメリット

医薬品は患者さんが短期的に使う前提で作られるもの。

敏感肌の人が毎日使うと微量だが刺激になる成分も

使用感は考慮されてない

毎日使うコスメとして設計されて無いので油分が多いタイプもあります。
こういう部分を考えずに使い続けるとニキビなど別トラブルが生まれてくるのです:(;゙゚’ω゚’):

医薬品は自己流で使っちゃダメ🙅‍♀️
絶対的効果の裏には副作用があることを覚えておこう!

タイトルとURLをコピーしました