気をつけて!香りつけ過ぎ“香害”女子

化学・医学から見る美肌の秘訣

こんにちは、ママ治療家のあかねです!
ここは女性が気になる「身体・美容・ダイエット」の三大テーマを医療従事者である私が出来るだけ噛み砕いて皆さんにお伝えするブログです😉
本日は“香り”について。
アロマや香水・洗剤・・・いろんな匂いが溢れてますが必ずしもイイことばかりではなさそうです。

何気なくツイートしたこの話題↑
私にしては結構RTといいねが来たので意外と皆さん『香り』に悩んでる様子

『香りを感じる』=化学物質を吸収中

アロマオイルに化粧品。フレグランス、柔軟剤など
“香り”のアイテムは女子の大好物💘
誰しもがお気に入りの「香り」を身に纏っていますが・・・

香料にはアレルギーのリスクがある

肌に直接触れないアロマテラピーなども同じです。

香料が何種類も入った化粧品は避けるのが◎

香りを感じるのは化学反応が起こってる

人が香りを感じるのは揮発した化学物質が鼻腔内の嗅覚受容体にキャッチされるから。

つまり香りを感じている間は化学物質を体内に吸収している

さらに芳香物質の多くは体内に蓄積する性質があります🙄

裏を返せば

ということになってしまう。
実際はキャッチコピーだから適量入れて24時間香るってこともないんだろうけどね・・・

よく嗅ぐ香りほどアレルギーリスクUP

「花粉症はある日突然発症する」ってよく言うよね?

これは花粉を吸い込む量が、その人の花粉に対する閾値(体内で物質を受け止められる限界量)を超えてしまったから。

これと同じことが、アレルギーリスクの高い香料でも起こることがあります。

つまり同じ匂いをかぎ続けるほど、その香り成分に対する閾値を超える可能性が高く、アレルギーを発症しやすいと言うこと。

お気に入りの香りでもヘビロテするのはやめておきましょう!

好きな香りが苦手になった時は注意😭

日本人の約8%はラベンダーNG!

ある調査結果では、日本人は100人中8人が「ラベンダー」にアレルギーがあると言われています。

ラベンダーはリラックスや安眠効果があると日本では特に人気が高くて、お店などによく「」ラベンダーの香り」グッズが置いてありますよね。

アロマに詳しくない私でも「ラベンダー=良い」って感じるし、匂いも想像できる!

日常的に接触する機会が多いから知らず知らずのうちに限界量(閾値)を超えてしまうのかもかもしれません( ˘ω˘ )

やるなら注意を!アロマテラピー

リラックスのためにアロマテラピーを受けている方もいるかもしれません。

同じ香りをかぎ続けると、閾値を超えてアレルギーを発症しやすくなる。

香料が何種類も入った商品は避け、好きな香りだけをヘビーユースするのはやめておきましょう!

このリスクは天然香料の精油(エッセンシャルオイル)でも同じ。
アロマテラピーで頻繁に用いるアイテムですが、アレルギーが起こるリスクを踏まえて濃度や使用頻度に注意しましょう。

ご自身でアロマオイルを使っている方も同じ香りの使い過ぎには注意してね❤️

香りは自分で分からない!

自分では「素敵な香り」と思っていても他人からすると「香害」であること、最近増えています。
香水の香りなど、すれ違った時にギョッとするほどの匂いをばらまいている人、たまにいますよね🙄
その香りを付けてる本人からしてみれば鼻が慣れてしまってて「ほのかに香ってる♪」くらいのテンションなんでしょうけど具合悪くなる時ありますもん(´°̥̥̥̥̥̥̥̥ω°̥̥̥̥̥̥̥̥`)

近年は香水だけでなく柔軟剤の香りに悩まされてる方も多いそうです。
「職場の方の洗濯洗剤の匂いが強すぎて困ってます」「隣の席で頭が痛くなる」など色んなリプをもらいました!

人に「匂いがキツいです」っていうのは結構ハードル高いですよね!
・・・・うん、無理だよね。

自分の香りが誰かの「香害」となってないか、今一度見直す機会です🌹

ママ友?恐怖エピソード①【過去の話

私の産後うつ①【逃亡した嫁
https://watashinogoho-bi.com/sangoutu1/

わたしのごほうび|ホットペッパービューティー
【ホットペッパービューティー】わたしのごほうびのサロン情報。サロンの内外装、お得なクーポン、ブログ、口コミ、住所、電話番号など知りたい情報満載です。ホットペッパービューティーの24時間いつでもOKなネット予約を活用しよう!
タイトルとURLをコピーしました