ママ友?恐怖エピソード②【過去の話】

日常

こんにちは、ママ治療家のあかねです!
本日は前回の続きママ友?恐怖エピソードのご紹介。
退院してからのBさんは?果たしてどうだったのでしょうか

前回の記事はこちら
恐怖エピソード①
https://watashinogoho-bi.com/mamakyoufu/

入院生活も残りわずか

部屋も違うので食堂で会った時は適当な話で流し、やり過ごして

ついに明日退院。

同じ日に産んだので退院日ももちろん一緒。

最後の夕飯の日、ここでも「健診一緒に行こうね」とやたら言ってきました。

そしてメールアドレスを交換。

LINEやってないの?」と言われたけどLINE IDを交換するのは絶対に嫌だったので「やってないです」と答えた

退院後の生活

(変な人だったけど、健診も1人で行くし、二度と会う事は無い)と思って生活していましたが、1週間ぐらい経った時にメールが来ました。

「どうしてる?会いたいね、遊びに行っていい?」みたいな内容だったんですが、産後間もないのに遊びにこられても困るし、何より整体の件で話が通じないBさんと遊ぶなんて考えられず

私「実は乳腺炎(嘘)で高熱が続いていて、とても会える状態じゃないんです。すいません。」

物理的に会えないと伝えたが、これも通じず

B「乳腺炎?!大変お見舞いに行きたいから家来ていい?」と返ってくる始末。

成り立たない会話がバカバカしくなって「睡眠不足なんで寝ます」で強制終了。

健診日まで震える毎日

「こんな人とは二度と関わらない!!!」
そう思っていたのですが、ふと思い出したのです。

うちの産院は出産日が同じであれば健診の日が同じ。
時間も指定されています。
つまりBさんと絶対に会ってしまうのです。

っていうか
1歳児検診は?
2歳児検診は?
予防接種は?
同じ街に住んでいて同じ誕生日の子供
集団検診でもあったら会ってしまう・・・・

産後2週間の間に家庭訪問に来てくれる市の助産師さん。
普通は授乳etc赤ちゃんのこと聞くけど、その時の私はBさんが怖くて「この先、集団検診はあるんですか?それは日時を変更出来るんですか?」としきりに確認。

助産師さんもおかしいと感じたのか何があったか聞いてくれました😭
「とにかく育児よりもその人に会うのが怖いんです」と助産師さんに話しながら、泣いた記憶(´°̥̥̥̥̥̥̥̥ω°̥̥̥̥̥̥̥̥`)

今だったら「その日時間が合わないので別日に変えてもらえませんか?」と産院に電話すればいいだけなんだけど、当時は恐怖過ぎて頭になかった⚡️

健診前日のメール

案の定、検診の前日にメールが来て

B「明日迎えに行くから住所教えて」

私「明日は夫が連れて行ってくれることになったので大丈夫です」

B「そうなんだ!じゃあ明日病院でね!

いつもは忙しくて全然家にいない夫だったけど、この日「帰りは仕事に行くから、行きだけね」と奇跡的に送ってくれるということで(これで一安心)と思いました😭

【明日さえ乗り越えれば二度とこの人と関わる事は無い

健診当日

(できるだけ波風を立てず、とにかく適当にかわして乗り切るんだ!)と言う意気込みで向かった病院。

↑ていうか娘のこと全然考えてないね!
それどころじゃなかったんだよ!

夫とは産院前で別れていたので待合室で子供と2人待っていると現れたBさん。

夫がいたらダメなんですかね!!!!

しきりにあたりを見回すBさん

私「仕事なんで帰りました」
〜元気だった?乳腺炎大丈夫?という会話〜割愛

B「帰りも迎えにくるの?」

私「帰りはタクシーで帰ります」

これで当たり障りのない会話して終わり!と思っていたら
・・

どこまでも食い下がってくるBさん

B「もったいないから私が家まで送るよ」

(いい!いい!そういうのが嫌だって気づいて!)
私「夫が厳しいので大丈夫です。人の車に乗るとガソリン代とかあるし」

B「ちょっとぐらい大丈夫だよ!気にしなくていい」

前回同様、全く話が通じない。

どうしても家は教えたくなかったので私もここから怒涛の嘘をつきだす
※夫はそこまで厳しくないから安心して😗↓

私「夫は乗ったかどうか確認してくるので領収証渡さないといけないんです」

B「えー厳しいね!忘れたって言えばいいんじゃない」

私「本当に夫が厳しいので大丈夫です、タクシーで帰ります」

私「実はこの後、T駅(病院から車で30分)まで行くんです。(隣県)の親戚の家にこのまま行くんです。だから行き先は家じゃないんです!すいません」
(まぁ本当は家に帰るんだけど)

B「そうなんだ!新幹線?もう乗る電車決めてるの?」

私「来たやつに乗ります、なのでほんとに大丈夫なんです」

B「そしたらすぐ来るか分かんないじゃん?それまでの時間、駅のベンチで少し話そうよ」

私「タクシーだし、ここから30分もかかるので、Bさんに申し訳ないし、大丈夫です」

B「じゃぁさ私、アカネちゃんの乗ったタクシーの後をついて行くよ!それで駅で話せばいいでしょ」


絶句


タクシーの後ろをついてくる?
何を言ってるの、この人。

無理だ、何を言っても伝わらない

ここで診察室から私の名前が呼ばれたので一旦終了。

長くなったので一旦ここで切ります😉
続きはこちらから
👇
ママ友?恐怖エピソード③【最終回】
https://watashinogoho-bi.com/mamatomokyoufu3/

私の産後うつ①【逃亡した嫁
https://watashinogoho-bi.com/sangoutu1/

クーポン選択(わたしのごほうび)|ホットペッパービューティー
タイトルとURLをコピーしました