NG化粧品キャッチコピー

化学・医学から見る美肌の秘訣

こんにちは、ママ治療家のあかねです!

ここは女性が気になる「身体・美容・ダイエット」の三大テーマを医療従事者である私が出来るだけ噛み砕いて皆さんにお伝えするブログです😉

今日はYouTubeやその他のSNSなどでもよく見かける、化粧品の【違反広告】の見破り方について解説👍

今はInstagramやYouTubeなどで合間に色々なCMが流れたりしますが、広告の表現の中でこーゆー事は本当は言っちゃいけないことなんだけどなというのがすごく沢山あります!

化粧品の【違反広告】

👉肌を再生・傷を修復

それは化粧品ではなく医薬品の仕事

化粧品は毎日一定の量を長い期間つけるもの

長期間使うものには医薬品のような薬効効果を持たせてはいけません😤

👉シミを消す・シミが取れる

このような表現は美白化粧品や医薬部外品でも認められていません!

と言う事は化粧品にも認められていない😟

美白化粧品の効果も「今あるシミを消す」ではなく「シミを作らない予防」として売り出されています

👉アンチエイジング・肌が若返る

これも薬機法に違反してます!

シンプルに、肌が若返るなら誰も苦労しないと思いませんか?

「エイジングケア」という表現はOKなのですが明らかに肌が若返る・アンチエイジングのような意味合いで使ってあるものは気をつけて⚡️

👉使用前・使用後の比較写真

化粧品は個人差が必ずあるもの、比較写真を載せることで効果があると思い込ませるものは危険⚡️

※実際に法律も違反している

最近はアプリでいくらでも加工できるので安易に信じ込むのもやめた方が良いでしょう!

中田敦彦YouTube大学がめっちゃ好きで見まくるのですが、その間に流れるコスメ系CMがトンデモCM過ぎて最早笑えます!!!

👉医師・皮膚科医・大学教授等の推薦

本当にマジでその人達が作っていれば良いですけど、大抵はお金だけもらって名前を貸している場合が多い。

あと国家資格を持っている人が「推薦しています」と言う表現をすると、それによって消費者に良いものだと思わせる効果が見込まれるため法律で禁止となってます!

👇コチラは化粧品ではないですけどネットの世界の(自称)医師・皮膚科医etcは捏造されてる可能性もあります。
安易に信用するのは危険でしょう( ゚д゚)

化粧品の広告には「薬機法」という厳格なルールが存在していて、そのルールをしっかり守っている優良メーカーも多数あるけど

中には法律を無視して悪質な広告を行っている業者も多く存在します。

今日解説したのは、その中でも特に頻出の違反事例で、誰でも1度や2度は見かけたことがあると思います💡

あまりに多いので「え?これって違反だったの」と思った方もいるかもしれません( ゚д゚)

この知識をしっかり頭に入れて「このような広告内容を見かけたらその時点で商品の購入は避けたほうが良い」と考えてください!

だって法律を無視して化粧品を売っている会社が皆さんの「キレイになりたい」「可愛くなりたい」という気持ちに寄り添ってくれているはずないんですから!

悪質な業者にお金を落とすのは時間もお金ももったいない!

ママ友?恐怖エピソード①【過去の話】
http://watashinogoho-bi.com/mamakyoufu/
私の産後うつ①【逃亡した嫁
https://watashinogoho-bi.com/sangoutu1/

クーポン選択(わたしのごほうび)|ホットペッパービューティー
タイトルとURLをコピーしました