ママ友?恐怖エピソード③【過去の話】

日常

見ていない方は①からどうぞ🙌⚡️
ママ友?恐怖エピソード①【過去の話】
http://watashinogoho-bi.com/mamakyoufu/

皆さんも、ママ同士の距離感はお気をつけて⚡️
ママ友?恐怖エピソード②【過去の話】
http://watashinogoho-bi.com/mamakyoufu2/

産婦人科での診察

タクシーで遠くの駅まで行くと言っているのに全然話が通じないBさん

自分は車で私の乗ってるタクシーの後ろからついてくるから駅で話そう!と言ってくるBさん

とんでもない恐怖を感じながらも診察の順番が来たので診察室に行った私

頭の中は自分の体のことよりも(この後どうしよう!あの人絶対ついてくる)という恐怖でいっぱい。

私より来るのが遅かったので必然的に私の後の診察

診察室を出ると姿がなかったので急いでお会計を済ませ、小児科へ

(産婦人科と小児科でママと赤ちゃんの1ヵ月検診を一緒に済ませるって感じ)

小児科での診察

小児科でも怯えながら入り口を見ていたらすぐに順番が来たので待合室へ

こちらでは身体測定やおむつ替えの仕方を見たり、やることがたくさんあって看護師さん達もそばにいた。
Bさんも入ってきたが話す暇がなくてどうにか助かった。

(とにかくやばい!早く帰らなきゃ)

小児科の先生に「心配な事はない?」と聞かれて

と思いながらも

幸い、子供の成長で心配なことはなかったので「大丈夫です」と言って待合室のドアを開けるとBさん。

思わず、「ヒッ!」と声を上げそうになったが、ただ順番待ちで座っていただけ。

B「大丈夫だった?」

何が?!もう無理無理無理

このままうやむやにして帰ろうと「お疲れ様です😌」と言って去る。

Bさんの診察はまだ終わっていない

出てくる前に帰れば助かる!と思い、トイレでタクシー会社に電話

タクシー会社「10分後位に着きます」

10分後…?

どうしよう絶対出てくる!

(こうしてる間にも診察が終わっちゃう)

お会計をする手も震える

タクシーを待つあかね

1月の寒空の下、生まれたばかりの子供を抱え、外でタクシーを待つことに。

恐怖と寒さで震えるし、タクシーの姿は全く見えない

(早く早く早く…)

するとタクシーが来るより先に小児科の玄関のドアが開いた

(嘘じゃん!)
絶望にも似た感情で、とっさに小児科の横にあった民家の駐車場に身を潜めた

民家の人、不法侵入してごめん

辺りをキョロキョロ見回すBさん

車の影に身を潜める私

このままあの人が帰るのを待っとけば…と思ったのに

Bさんの前に止まるタクシー!!!!

タイミングぴったりに小児科から出てきて赤ちゃんも抱いてんだから客かと思うよね!

▷ Bさんが帰るまで待つ
▷すぐに乗り込む

残された選択肢は2つ。

帰るまで待とうかと思ったが、もしタクシー運転手が「あなた、タクシー呼んだあかねさん?なんてBさんに聞いたらどうする?

このタクシーに乗ることがばれてしまう

ていうか、いろいろありすぎてよくわからない

今日は自分と子供の1ヵ月健診なのになんでこんな奴に怯えているんだ?

理不尽な状況に腹が立ってきて民家の駐車場からドスドス出て行き、タクシーに乗った。

一切、彼女とは目を合わさなかった。

タクシー乗車後

(乗った乗った…)めちゃくちゃ安心した気持ちになったのも、つかの間

尾けられていたらどうしよう?
本当は家に帰ることがバレたら?

いろんな不安が襲ってきたが、同時に苛立ちも襲ってきて「知ったこっちゃねーよ!」となって落ち着いた😤

信号のたびに後を見たけどいなさそうだ…
そもそもあの人が乗っていた車を知らない

タクシーの支払いを済ませ、家に入った瞬間に着信が鳴った

(旦那かな?)と思って携帯を見ると

一気にパニックに陥る

なんで?このタイミングで?

出る気は一切なかった

12分鳴り続けた着信コール

何のつもりなんだろうか?

怒りしか湧いてこない

するとメールの着信音

開くと……

何に対しての謝罪なの?
何なの?

何でこんなことに怯えないといけないの!

着信のタイミングといい、メールの内容といい、尾行してきたとしか思えない!

それからは恐怖よりも怒りが先行して電話もメールも着信拒否。

家を知られたからといって何かされる事はなかったのが不幸中の幸い。
おそらく、ついてきたけど部屋までは分からなかったからだろう

着信拒否にしなかったら電話もメールもまだ来ていたかもしれない。

数年後、私たちは引っ越してBさんとは物理的にも離れた。

こんな経験は二度としないように周りとの距離感は常に気をつけている
世の中には社交辞令など一切通用しない層が一定数いる。
皆さんも気をつけてくださいね

私の産後うつ①【逃亡した嫁
https://watashinogoho-bi.com/sangoutu1/

クーポン選択(わたしのごほうび)|ホットペッパービューティー

タイトルとURLをコピーしました